コーディネートが楽になる!チートアイテム(ボトムス編①)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
コーディネートのお悩みを素早く解決してくれる、チートなファッションアイテムをお届けしていきます。
今回は、ボトムス編第一弾としてブラックスキニージーンズを紹介します。

ブラックスキニージーンズがすごい

main-image

Photo by Unsplash

スキニージーンズとは、足のラインに皮膚のようにフィットする細身シルエットのジーンズを指します。それのカラーがブラックのものが今回紹介するブラックスキニージーンズです。

敏感な方ならば、「あーはいはい、それね」と言ってしまうくらい、巷では簡単に見た目が様になると言われているウワサのアイテムです。

実際にネットで調べると、実に多くのブラックスキニージーンズをおすすめする記事やYouTube動画を見ることができますし、ファッションコーディネートの指南書などを見るとブラックスキニージーンズ着用率の高いこと!

 

このような状況からみてもブラックスキニージーンズがコーディネートに優れたアイテムと言えます。

 

 

多くのファッショニスタに支持される理由とは?

上述したように、多くのファッショニスタやスタイリストに支持されているブラックスキニージーンズ。
支持される理由は下記点で集約できるかと思います。

 

・簡単にコーディネートが様になる

 

具体的に説明していきます。

 

本ブログでは、オシャレには絶対的な正解はなく、コーディネートに関係する要素(カジュアル・フォーマルの分類、シルエット、色等)のバランスを整えることで正解に近づけるという理屈を紹介しております。
(※関連記事:オシャレになる、簡単コーディネート術!

 

そして、ブラックスキニージーンズは、理屈の中で紹介しましたコーディネートの2大要素である、カジュアル・フォーマルの分類(洋服の性質)、シルエットが簡単に調整できるアイテムなのです。

まず、カジュアル・フォーマルの分類(洋服の性質)で言うと、全体のバランスはどちらにも偏りすぎないようにしなければならない中で、ブラックスキニージーンズはどうかというと、ジーパンなのでカジュアル系のウェアに属しますが、とても細身で尚且つ色は黒という要素を持っています

これら要素は、自身を着飾るために生まれたフォーマル系ウエアの要素(細いとスタイルがよく見える、かつ黒色は礼服にも使われるかしこまった色であり、収縮色のため細見え効果もある色)であることから、フォーマルの要素も兼ね備えるバランスを持ったハイブリッドなアイテムということが言えます。

 

 

次にシルエットですが、スキニージーンズは身体にピッタリとフィットするため、ボリューム感がほぼないアイテムです。そのため、上半身にボリュームのあるアイテムを合わせればYラインシルエットが完成し、上半身にボリュームのないアイテムを合わせればIラインシルエットが完成します。

つまり、上半身は何を合わせてもシルエットのバランスはある程度許容されるということになります。

ブラックスキニージーンズを履くことによって、上半身に何を着ればいいのか悩む時間が大幅に削減されるわけです。

※Yラインシルエット
上半身にボリュームをつけて、下半身は極力ボリュームを抑えるシルエット。
全体的なシルエットを見たときにYのような恰好になります。

※Iラインシルエット
上半身、下半身ともにボリュームを抑えたシルエット。
全体的なシルエットを見たときにIのような恰好になります。

 

 

ここで、ブラックスキニージーンズがハイブリッドなアイテムであること実証するためにブラックスキニージーンズを着用した2パターンのコーディネートをしてみます。

<あえてカジュアルとフォーマルのバランスを無視したコーディネート例>
code_casual

上半身にカジュアル系ウェアであるGジャン、Tシャツを合わせたコーディネートです。
シルエットをYにするため、ボリュームのあるGジャンを着ています。
上下ともカジュアル系ウェアにスニーカーという偏ったバランスではありますが、ブラックスキニージーンズのシルエット、色がフォーマル感を生み、カジュアルに偏りすぎると出てくるラフな印象を抑えています。

 

 

<カジュアルとフォーマルのバランスを意識したコーディネート例>
code_formal

上半身にフォーマル系ウェアであるシャツを合わせてたコーディネートです。
こちらはシルエットをあまり気にせず着用してます。
カジュアルとフォーマルのバランス的には良さそうです。
しかし、色味がほぼ黒一色に見えるコーディネートであり、地味・重いという印象があります。靴を白くするなど明るい色をどこかに取り入れてもいいかもしれません。

 

 

いずれもブラックスキニージーンズの汎用性の高さを実感することができました。
ちなみにですが、コーディネートに使用したアイテムは全てプチプラなアイテム(ユニクロ、GUなど)で構成しており、高級なアイテムを着用しているというわけでありません。

 

 

 

おススメのブラックスキニージーンズ

たくさんの魅力を持った、ブラックスキニージーンズ。
具体的なおススメアイテムを紹介します。

 

①ユニクロ ウルトラストレッチスキニージーンズ ¥3,990

uniqlo_urutora_jeans

理由:コスパがめちゃ良い
これに尽きます。恐らく異論を唱える人はいないと思います。

 

ブラックスキニージーンズをおススメしているブログや動画はたくさんありますが、その中で紹介しているアイテムは圧倒的にこれです。それだけの魅力を持っています。

ご存じの通り、ユニクロのジーンズはとても質が良いです。

その中でウルトラストレッチスキニージンズは、これまで10年以上スキニージーンズを作り続けてきたユニクロだからこその品質の高さが専門家でない僕でも分かります。

 

僕は、10数年くらい前にやたらとスキニージーンズが流行ったときにユニクロのスキニーをめちゃくちゃ履いていました。そしてメンズモノとレディースモノどちらも持っていましたが、メンズのものはジーンズ特有のガッシリした生地感は良い感じだったのですが、生地のガッシリ感ゆえにピタッとキレイに履こうと思うと履くのが大変! 一苦労した覚えがあります。

逆にレディースは、生地の伸びが良く、履きやすいのですが生地感がちょっと薄く妙な艶感があり、タイツっぽさが出てしまうのが残念でした。しかし、年々改良を重ねていくことができているのがユニクロのすごさで、現行のものはホントにとても良くできています。
生地は見た感じはガッシリとしたジーンズ感が出ているのに、履くとめっちゃよく伸びて履きやすいんです。

スキニージーンズって今では多くのブランド、メーカーから出ているので探そうと思うとユニクロレベルの価格で結構安いのもあったりするんですが、履き心地・質感のどっちかはユニクロに劣っていることがほとんどです。(全てを見比べたことがないのでほとんどと言っていますが、全部だと言い切れるくらいの良さです・・・)

 

 

②ユニクロ EZYウルトラストレッチカラージーンズ ¥2,990

uniqlo_ezy-jeans

またもやユニクロ・・・。

こちらは、EZYシリーズといって、ウエストの内側部分にゴムを入れたり、伸縮性を高めたりと、より履きやすさや履き心地にこだわりが感じられるアイテムです。

先述したウルトラストレッチスキニージーンズより、多少ゆとりのあるサイズ感になっているので、ウルトラストレッチスキニージーンズのピタピタ感が苦手な方はこちらをおススメします。

また、こっちのジーンズは素材もウルトラストレッチスキニージーンズと少し異なり、どちらかというとチノパンに近い素材感で艶感もしっかりあるので、よりフォーマル感を求める場合もおススメです。

ウルトラストレッチスキニージーンズより1,000円安いのも嬉しいところ。

 

 

余談ですが、ジーンズを買う時に裾直しをする場合もあるかと思いますが(僕は足が短いのでユニクロのジーンズは100%裾直し対象です)、↓の写真のようにくるぶしくらい(足首がちょっと見えるくらい)の丈の長さがおススメです。
足首をチョイ見せすることで靴とのメリハリが生まれてよりスタイリッシュな印象になります。

jeans_suso

 

 

 

多くの洋服を持ちたくない人やズボラな人には、特におススメ!

洋服を厳選されている、厳選したいという方は、少ないアイテム数でいかにオシャレなコーディネートができるかどうかが大事ですよね。

その場合、様々なコーディネートに柔軟に対応できる、ハイブリッドなアイテムがあるとコーディネートのしやすさはグッとあがります。

今回紹介したブラックスキニージーンズは、そんな人にまさにうってつけのハイブリッドなアイテムです。また、とりあえず「オシャレになれるズボンを教えてくれ!」という方にも、おススメできる一品かと思います。

ブラックスキニージーンズをコーディネートの軸として固定してしまえば、あとは上半身と靴をどうするかを考えればいいのでとても楽ちんなんです。

 

 

 

今回はブラックスキニージーンズを紹介しました。
知らなかった!という方は是非チェックしてみてください。

それでは。

SNSでもご購読できます。