カーコーティングはお手軽で効果抜群のカスタム!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今回は、車を買ったらとりあえずやっておきたい、簡単に他車と差をつけるカスタム、カーコーティングをお届けします。

車を所有して思うこと。

main_image

Photo by Unsplash

車ってよほどレアな車でない限り、どうしも他の人と被ってしまいますよね。

せっかくの愛車、他の人と同じ見た目は嫌だからカスタムをして差別化を図ろう!という方も多いはず。

ただ、なんとなくカスタムして、変にいじった感が出たり、見た目のバランスが損なわれるのは嫌だし・・・。
ちょうどよいカスタムはないものか・・・とお悩みの方。

 

あります。

めっちゃ簡単なのが。

 

それは、カーコーティング です。

 

装飾系パーツの追加やホイールの変更を期待された方、すみません。

確かにそれも差別化に良いカスタムではあるのですが、パーツの追加や部品の変更は何を選んでも、かっこよくなる、オシャレになる、というものではなく、全体のバランスを見て選ばないと失敗する可能性があります。

 

しかし、このコーティングというカスタムには、失敗がありません

失敗ないカスタムという観点で、大変おススメできるものであります。

 

しかも効果は絶大です。

 

なぜコーティングが他車との差別化に適したカスタムなのか

それは、簡単に高級感がだせるからです。

 

高級感と聞いてどのようなものをイメージするでしょうか。

luxury

Photo by Unsplash

・金銀宝石

・綺麗になめした革製品

・シルクのような滑らかな生地

様々ありますが、共通して言えることは「艶、光沢」があるということです。

 

高価なモノというのは優美な艶感や光沢があるものです。そのため、高級感=高価なモノ=艶感、光沢感というように連想されるのです。

つまり、高級感を出すのには艶感を出すことが近道であるわけです。

 

最近の車は、カスタムをせずとも標準でグリルやバンパーなどにメッキパーツを大きく大胆に使っています。これは先ほど述べたようにメッキという光沢の強いパーツを多用することで高級感を演出するためです。

 

じゃあ、メッキパーツを増やせばいいじゃん!

と思うかもしれませんが、このメッキパーツ、市場にある多くのものは、鏡のような光沢感の強い加工を施したものがほとんどです。

 

こういったメッキは光沢が強すぎるのです。

 

光沢が強いパーツを多用するとどうなるか。今度はギラギラしていかついイメージがでてきます。

mekki-meny

画像引用:スタイルワゴン・ドレスアップナビ

 

例えば艶のあるシルバーのアクセサリーをジャラジャラとたくさんつけている人を見てどうでしょうか。高級感を感じる人は少ないと思います。

つまり艶感や光沢感を付けすぎると、高級感という印象から離れてしまうのです。

 

そこでコーティングがちょうどいいのです。

 

コーティングは、車のボディに艶を出すのでカラーはもとのまま、艶だけがプラスされます。

そしてベースのカラーが変わることなく、パーツが追加されることもないので失敗はありません。

 

 

コーティング施工してくれるお店

コーティングを実際に施工する場合、選択肢として・・・

・専門店

・ディーラー

・自分で

3通りが思い浮かびます。

 

一番のおススメは、あたりまえですが専門店で施工してもらうことです。

 

コーティング専門店はたくさんありますが、広く知れ渡っている大手コーティング施工メーカーのキーパーラボ(http://www.keeperlabo.jp/)をおススメしときます。

keeper

画像引用:キーパーラボ

キーパーラボは、豊富なメニューに、洗車・コーティング専門店ならではのこだわり、店舗の多さと、とりあえずコーティングはキーパーにしとけば間違いないという印象です。

また、コーティングの施工をした車をHPにアップしているので仕上がりのイメージも把握できます。スタッフさんも豊富な知識をもった方が多いので、様々なメニューから自分に合ったコーティングの相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

↓画像は、僕が以前乗っていたマツダCX-5をキーパーラボにてコーティングしてもらったときの写真です。
施工前後の比較がないため分かりにくいですが、かなりの艶感が見られます。

coating_exam

ちなみにコーティングの利点として、艶感はもちろん、汚れが付き難くなるというメリットもあります。コーティングが水や汚れをはじいてくれ、汚れがついたとしても洗車時つるんとキレイに落ちるので青空駐車をしている方には嬉しいメリットではないでしょうか。

 

以上です。

 

今回は、まずはこれ!というカスタムである、コーティングについてお届けさせていただきました。

目に見えて艶々高級感が増すので、自分の車を眺めるのがもっと楽しくなりますよ。

 

それでは。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。